見出し画像

【オンラインセミナー開催のお知らせ】アフターコロナのビルメンテナンス経営のあり方(後編)~清掃データベースの作成とその活用方法、清掃ロボットと清掃スタッフのあり方~

前回の講演では、ビル清掃業界で唯一の専門雑誌『月刊ビルクリーニング誌』を発行しているクリーンシステム科学研究所様より、新型コロナウイルスの影響調査とインタビューから見えてきた、施設選定基準や清掃を取り巻く環境の変化についてご紹介しました。

後編の本セミナーでは、実際に取り組むべき内容や今後のビルメンテナンス業界に求められる変化をテーマに以下の内容でご紹介いたします。

・清掃データベースを駆使した科学的アプローチをどのように業務に取り入れるか?
・人とロボットの協業はどう進めるべきか?
・クライアントに対してどのように変革を提案、アピールできるか?

詳細・お申し込みはこちら(先着順となります)

開催概要
 ・日時:2020年10月2日(金)12時00分 - 12時45分(45分) 
 ・参加費:無料 (事前登録制)
 ・定員:300名
 ・対象:法人のお客さま
     ※個人の方・個人事業主の方はご遠慮頂いております。
 ・主催:ソフトバンクロボティクス株式会社
 ・参加方法:Zoomでのライブ配信(PC、スマホ、タブレット)
  ※お申込み後、専用URLを発行いたします。

このような方にオススメ!
 ・コロナ禍での顧客判断基準・行動の変化について知りたい方
 ・清掃業務における感染症対策を考えている方
 ・ビルメンテナンスを取り巻く環境変化について知りたい方
 ・ビルメンテナンス業界のニュー・ノーマルとトレンドを知りたい方
 ・清掃データベースの作成方法、活用について知りたい方

是非、ご参加ください!

10月より提供開始!「Whiz」の新型機「Whiz i」の詳細はこちら!


3
新型コロナにより施設清掃はガラリと変わり、アフターコロナ時代には全く異なるレベルで施設の清潔さが求められるのではないだろうか。世界中の施設が「清掃のニュー・ノーマル=新しい清掃標準」を模索している。「アフターコロナの施設清掃」に向け、世界の事例、専門家の科学的考察を紹介していく。